忍者ブログ
日々の呟きメイン。最近はMMDにどっぷり
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • プロフィール
    Sherrie(名探偵ジャンル)、または沢月紫(他ジャンル)のHNで二次テキストを書き散らかしているオタクです。最近は”さわ”のHNでMMDも始めました。
    MMD投稿
    最新CM
    [02/14 本生]
    [01/24 yurie]
    ブログ内検索
    メール
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    トレスは中断して動画作ってましたv
    何と言っても、*たぬ村さん用のモーション* だからね。
    こりゃスルー出来るわけないでしょう!

    元のトレス動画を見て、配布されるのかなあ?
    されたらたぬ村さんとAZ佐助さんでPV風作りたいなあ(たぬ村さんのPVは
    トレスされた方が作ると思ってたんで)演出とかステージとか考えてたりw

    そんなわけでジェバンニしてみました↓

    追記で作成経緯など。動画のネタバレもあります。
    真田主従でやりたいとか思いつつ、並べて躍らせることは考えてませんでした。
    歌詞やトレス元を考えると、これで腐じゃなく見せるのは相当の演出力がいる。
    あやはちさんの東西版は上手く回避出来てたけど、あのカオス感は真似できないww
    それに、たぬ村さんも佐助もピンのほうがカメラも効果も付けやすいのです。

    最近上げた動画に関してのエントリーでも言いましたが、
    モデルさんによってベストの視野角も効果も違います。
    AZさんの佐助はアップの場合は12度らしく(AZさんご本人いわく)
    たぬ村さんの場合はどう見せたいかによって違ってて、
    大体15-20度くらいかな?>かなりアングルによりますが。
    どっちにしてもめっちゃ狭い。周りに障害物があるステージだと、
    カメラを動かすとどうしても障害物がカメラの前を横切ってしまうのです;
    佐助は何となくその方が良い(障害物あり)気がするんだけど、たぬ村さんは違う。
    愛の違いと言うわけではなく、キャラ的に合うかどうかという問題で。
    それに、こんなに視野角が狭いと二人を同時に映すのは結構難しい。

    ここら辺は、いつか真田主従でやるぞー!って思ったときからずっと考えてました。
    そこで、「二人ではあるけど並んでるわけじゃない」ステージを探してるとき、
    あのFilm Stageを見つけたのです。理想ぴったり、しかも赤と緑で色も合ってる。
    これには可愛いのやCoolなモーションよりしっとり系が良く似合うかなと思ったので、
    「雰囲気の合うモーションが見つかったらやるぞー」と温存してたわけでござる。
    何度か使いたい誘惑に駆られたけど我慢。>リスキーのときとか。

    我慢してて良かったあ(*´∀`*)

    おかげであの素敵モーションで真田主従magnet作るときにステージ選びで迷うことは
    無かったです。早く作りたくても私の場合ここで躓くことが多いから、
    使いたいステージがあると無いとでは大違いなのですよ。スピード的に。
    やること早ぇえええwwと言われましたが、既にステージがあったからこそのジェバンニです(笑)。

    あ、そだ。音源に関して何かすごい紛らわしいことを書いてしまいました;
    magnet作者の流星Pさんが歌い手のトゥライさんと同一人物なことは知られてる…
    と思いこんでいたんですがどうやらそうではないみたいですね;;
    途中までカミングアウトしてなかったからかな?それともセルフカバーがこれだけだから?

    このセルフカバー曲、オリジナルとアレンジが違います。歌い方もちょっと違う。
    トレス元様(yurieさんもあやはちさんも)は蛇足さん&clearさん版使ってるから
    同じのはどうかなあと思ったのもあるのですが(後、デュエットじゃなく一人のが欲しかった)
    それ以前にこのトゥライ版さんがすごい好きでアレンジが神懸かってると思うのですよ!
    聞いたことない人が結構いたみたいですが、是非是非リンクから飛んで聞いてみて下さい!
    さすが元歌提供師と唸ってくると良いよ!w 上品な色気が素敵(*´∀`*)

    最初の蝶のシーンは、アニキで右肩の蝶をやったときに挑戦して失敗したやつのリベンジです。
    あのときはまだ初心者も初心者だったんで、蝶のモデルを上手く動かせなかったのです…。
    何というかめっちゃカクカクしい;;>結局納得いかなくて没にしました。
    magnetのときにリベンジだと考えてたんですが、
    ホントにmagnetモーションが配布されるとは…しかもこんな早く!
    ま、まだ上手く蝶を動かせないよ!でもやっちゃうよ!おかしくてもスルーしてね!という
    気持ちでやりましたが、綺麗に動いてたよー、と言って頂けて嬉しいですv
    AfterGlowも綺麗に出てくれたし、良かった良かった。

    モデルの質感はシェーダー系を重ね使いして出してますが…これは普通だから良いかな?
    ちょっと変わったことしてるらしいのは、PointLightの使い方ぐらいだし。
    あ、これは「何それ?」と聞かれたのでちょっと説明します。
    顔の陰影を消すために、たぬ村さんの頭にPointLightを二つ固定してるんです。
    適当にY・X・Z値を弄って陰影を消せたらそこで登録。後は動きに合わせてPointLightも動きます。
    これで頬がちょっとふっくらして見えるのですよ。たぬ村さん使う方は是非試して下され。

    モーション修正はたぬ村さんではしてません。トレスでの使用モデルだから必要なかったw
    せいぜい、目の動きを付けたのと、佐助ステージのほうに足が貫通するところを全親で動かしたぐらい。
    佐助は…うん、沢山あったね;モデルが違うから仕方ないのですが、佐助はその上にあのポンチョが…。
    あっちこっち引っ張ったり戻したり、鼻や頬の貫通を直すのにえらい時間掛かったお;;

    でも佐助さんは表情付けが楽しかった!
    たぬ村さんのほうは目の大きさを大にして、所々目を細めさせたり眉をちょっと動かした程度ですが、
    佐助さんはがっつり眉も目も口元も付けた。特に目。とにかくカメラのほうを見ないようにw(何故)
    だってあれは舞台裏ですからね。ドヤァってこっちを見るのもおかしいかなあ?と。

    動画作成の舞台裏はこんなもんかな。では、トレス作業に戻ります!
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    途中経過その2 HOME ちょっと進んだよ!
    Copyright © 新だるだる日記 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]