忍者ブログ
日々の呟きメイン。最近はMMDにどっぷり
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • プロフィール
    Sherrie(名探偵ジャンル)、または沢月紫(他ジャンル)のHNで二次テキストを書き散らかしているオタクです。最近は”さわ”のHNでMMDも始めました。
    MMD投稿
    最新CM
    [02/14 本生]
    [01/24 yurie]
    ブログ内検索
    メール
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    またカメラは後に回して、トレスの前準備のお話をしようかと。

    男祭りが開催されるってこともありますが、
    実は先日、物凄い初歩的な間違いをおかしてしまっていることに気付いたわけでして…。
    もしかして、これってよくあることなんじゃないの?と思ってまとめることにしました。
    前振り的に「トレス元選び」の話を少々するつもりですが(うpしたトレスは千本桜が初めてなのですが
    実は結構挑戦しては「ダメだった…orz」ってことがあったのでその経験も踏まえて)、肝心なのは最後の「fpsを合わせること」です。
    そこだけ知りたい方は追記へとジャンプして下され。

    先ずはトレス元選びですが…カメラ固定のもの。カメラ固定のものにしましょう。大事なことなので二度ry
    固定であっても後ろや横からは見えないので想像で補うところがありますが、
    カメラがぐるぐる動いてるトレス元の場合、その割合が大幅に増えます。増えすぎです。
    一番困るのは重心(センター)。カメラが斜めってたりしたらお手上げですヽ(´A`)ノワカンネー
    その結果、カメラの角度から見ればまともに見えても、定点カメラにするととんでもない格好になってたり…。
    配布するしないはともかくとして、やっぱり自分のPCでは定点カメラで見たいですよね。少なくとも私は見たい。
    後、出来るだけ全身が写っているものが望ましいです。
    身体の一部が見切れてたりすると移動カメラの場合と同様、想像で動きを補わなくてはいけなくてめんど((
    いえ、厄介なので。

    暗いものとか遠いものは「できそうかなあ」と思っても、想像以上に厳しいものです。
    今のトレスを始める前にKiLLER LADYをやっていたのですが、これ本当に無理だった…。
    オリジナルのフラムギンバージョンはカメラが遠い、フラムボノンさんとヤッくんバージョンは暗い(+黒パンツ)。
    明るくしたり大きくしたり、各々見えないところを補完するように編集したりしましたが、やっぱりダメでしたorz
    だから誰もやってないんだな…と納得したよ_(X3)∠)_
    折角始めても物理的な理由で断念するのは勿体ないし、最初から難点があるのは避けたほうが無難かと。

    また、よく「最初は短いのから始めたほうが良い」って言いますが、それは本人次第だと思います。
    短いのでもモチベが保てない場合もあるし(短いって理由だけで選んだりした場合)、
    長いのでも何とか最後までやりきる場合だってある。後、単に長さだけでは作業量がわからなかったりしますしね。

    動きが早いと、確実にキーを打つフレーム数は増えます。
    ターン中の足先の沈み回避とか足首固定のために連打が必要になったり(まさか私だけじゃないでしょうね)。
    試しに正露丸のモーションをDLして見てみると良いかも知れません。すごいよ、フレームがびっしり埋まってるw
    逆に動きが遅いと、それはそれで自然に見せるのが難しい=作業時間が長くなります。
    遅いモーションに挫折した私にとっては早いほうがマシな気がしますが、どっちが楽かはその人次第なので一概には言えません。

    後、繰り返しの振付があると実際に打つフレームがかなり短縮されます。
    ちなみに千本桜だと一番と二番の振付がほぼ同じなので、修正(一部違う振付のところ)だけで済みました。
    菖蒲さん(剣舞P)がやったほうの千本桜も同じようで、
    センター位置バイアス付加を使ってのコピペ方法を教えて頂いてホント助かりましたoyz三

    つづきは今回のメインであるfpsを合わせることについてです。
    その前にMMDでAviを読み込む方法を少しだけ。
    多分多くの人が使ってるCraving Explorerですが、「AviでDLしたのにMMDに読み込めないよ?」って方もいるかと思います。
    私もそうでした。
    問題は多分コーデックですので、
    【背景問題1】CravingExplorerでDLしたAviをMMDの背景に読み込む方法、を読んでみると良いと思います。

    ただちょっと待って。
    それ、fpsは30になってますか?
    もしかして、29とか29.97fpsじゃありませんか?

    背景AVIが29.97fpsでトレスすると、確実にズレます。
    出力したときに、MMD上では合ってるのにどうしてズレるのー?ってことになりますよ。
    詳しくはこちらの「背景AVIが29.97 fpsの時の注意」をご参照下さい。

    上のリンクではAviUtlで合わせると良い、とありますが、AviUtlで出力したAviファイルってでかくありませんか…?
    MMDに背景として読み込めるAviの上限サイズは2GB。
    サイズを小さくしてエンコしても収まらないことがあったり、画質が悪くなってトレスしにくくなったりと問題も起きますし。
    この問題は以前pmmファイルを分けることで対応しましたが、
    一人モーションならともかく二人モーションでpmmファイルをわけてトレース(音源も合わせてカット編集)すると、
    二人の動きが止まったところを探すのが結構大変。あった、と思っても実際に出力してみたら0.1オーバーとかで
    「最初からやり直し…orz」になったりすることも。←さっきそれになりました;

    そこで、Craving ExplorerでDLしてきたAviファイルをAviUtlで30fpsに変更→Mp4にエンコしてサイズを小さくする
    このソフトでAviに変換し直す、という荒技に出ました。
    多少画質は落ちた気がしますが、問題になるほどではなかったです。

    で、早速背景AVIを差し替えてみたら…思った通りズレてたというねorz
    1000fごとに1fズレるどころか、もっとズレてたよ…動きが早いとフレームのズレが凄く出ちゃうんですよ;
    結局1700fで4fほど空フレームを挿入する羽目になりました。
    あ、29fpsだった!って後で気付いた場合は、適当なところに空フレームを挿入すると良いです。なるべく早く。
    5000fも打った後だったりするとかなり心が折れますよ;;
    ただでさえ長丁場なんですから、少しでも不安要素は少ないほうが良いですもんね。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アニキの上着と腰布は魔法の布 HOME トレス途中経過
    Copyright © 新だるだる日記 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]